Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

エキサイティングボクシング

エキサイティングボクシングオモテ エキサイティングボクシングウラ
表面 裏面
ゲームタイトル エキサイティングボクシング(EXCITING BOXING)
メーカー コナミ株式会社(KONAMI)
(当時。現・株式会社コナミデジタルエンタテインメント)
ブランド
メッセージ

対応ハード ファミリーコンピュータ:ROMカセット
オリジナル 本作品はファミコン版が【オリジナル】
発売日 1987年12月16日(水曜日)
(チラシ内表記:1987年11月25日(水曜日))
価格 7,980円
ジャンル
(チラシ内表記)

キャッチコピー 「君のパンチとファミコンがドッキング!」
「体汗ファミコン」
(※正式かは不明。チラシ内のそれらしき表記を抜粋)
シリーズ エキサイティング○○」シリーズ
・第1弾 「エキサイティングビリヤード
・第2弾 「エキサイティングバスケット
・第3弾 「エキサイティングベースボール
・第4弾 「エキサイティングボクシング」(本作)
・第5弾 「エキサイティングサッカー
その他情報 ・エアーバック(型コントローラー)同梱
【チラシ裏面】
テレフォンサービス(※当時)
 「コナミ最新情報 ダイヤルは正確にね♥
  〔北海道地区〕 札幌   〔北陸地区〕 新潟
  〔東北地区〕   秋田   〔関西地区〕 大阪
            青森   〔四国地区〕 松山
  〔関東地区〕   東京   〔九州地区〕 福岡
 」
チラシサイズ A4版ヨコ
コピーライト表記 (C)KONAMI 1987

【チラシ内情報】※当時の記録を留めるという主旨で書き起こしております。
※↓下記のプレゼント情報等は、あくまで当時の情報です。現在は無効です。
-----(ここよりチラシ内より抜粋・引用)-----

体汗(たいかん)ファミコン

 ファミコンで連結されたエアーバックに実際にパンチを打ちながら、画面上の相手を
 倒してゆくまったく新しいタイプのスポーツ合体ファミコン。


トレーニングモード
 まずはトレーニングをつんで・・・・・・。
  画面上のトレーナーの指示に合わせてトレーニングをつんでゆけば
  歯のたたなかったレベルの高い相手も倒せるようになる!?

VSモード
  画面上にはプレイヤーから見た対戦相手が映し出され、エアーバックを
  正確に叩くと、ダメージを与えることが出来ます。

 当然相手もパンチを打ってくる。
  相手のパンチがプレイヤーにダメージを与えた時は、画面全体にフラッシュが入り、
  メーターで表示されます。


TOP GUN発売記念 USA直輸入
フライトジャケット 【MA-1】プレゼント【※当時
 期間:(1987年)12月11日~(1988年)1月11日 当日消印有効

 ファミコンカセット「TOP GUN」の中の折込チラシに付いている応募券を切り取り、
 セロテープで官製はがきに貼って、お送りください。

 宛先:【※応募は終了しています
 ※当選者の発表は賞品の発送を以て代えさせて頂きます。
 ※色、サイズに関するご要望には添いかねますので、ご了承下さい。

-----(チラシ内より抜粋・引用ここまで)-----

 キャッチコピーの「体汗ファミコン」ですが、当時、1980年代後半~1990年代に
かけて、アーケードゲームを中心に「体感ゲーム」というジャンルが
流行しました。
 本作品もその流れで「体感ゲーム」と呼んでも良さそうなのですが、当時は
「体感ゲーム=アーケード=SEGA」とうイメージが絶大だったために、こう、
読み方は同じでも別の意味を持たせたかった、という感じがしています。
 例えば、
・「当時(初期)の体感ゲーム=筐体が動く=受動的な体感」
・「体汗ファミコン=プレイヤー自身が動く=能動的な体感」
みたいな・・・

 当時、ゲームメーカー各社が様々にチャレンジした「家庭用の体感ゲーム」
の一連の流れは、後にWiiで花開いた、という事になるのでしょうか。
 ゲームに関しても特にそうだと思うのですが、
「新しいアイディア」というものは、「どのタイミングで世に問うか」に尽きる
のではないか、と思います。ハードウェアの進化、ユーザーの意識、時代の空気・・・
どれか一つ欠けても、受け入れてはもらえないものなのでしょう。
 また、「早すぎた」という言葉も使われますが、ユーザーに提案して、反響の
少なかったアイディアは、全て早すぎた、とは限らないような気もします。
 例えば、「3D」ですが、ファミコン等でも当時、世間のブームも相まって、
任天堂では「ファミコン3Dシステム(1987年)」「バーチャルボーイ(1995年)」を
世に送り、そして今三度「ニンテンドー3DS(2011年)」で「3D表現」を
世に問うてる訳です。それは「それでもまだ早い」のか「今やっと来た」のか、
それとも現状では「もう来ない」のか・・・。興味深いですよね。

スポンサーサイト

Appendix

広告

プロフィール

kuroneko_64san

Author:kuroneko_64san
FC2ブログへようこそ!

メール

こちらへお願い致します。

収録作品

チラシ :254枚(表裏両面で1枚)
その他:  2アイテム
(H28.3.30現在)

ランキング(月間)

検索フォーム

QRコード

QR

広告

広告

広告

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。