Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

テグザー

テグザーオモテ テグザーウラ
表面
裏面
ゲームタイトル
テグザー(THEXDER)
メーカー
株式会社 電友社 スクウェア(SQUARE)※
(※当時は電友社のソフト開発部門。
  後に独立しスクウェア→現在のスクウェア・エニックス)

ブランド
メッセージ

対応ハード
ファミリーコンピュータ:ROMカセット
オリジナル
タイトルテグザー(THEXDER)
メーカー株式会社ゲームアーツ(GAME ARTS)
発売日1985年
対応ハードPC-8801版ほか(FC版は【パソコン】からの移植版)
発売日
1985年12月19日(木曜日)
価格
5,500円
ジャンル
(チラシ内表記)
 
キャッチコピー 「パソコンから、今話題の
 人気NO.1ゲームが仲間入り」
(※正式かは不明。チラシ内のそれらしき表記を抜粋)

その他情報【チラシ内情報】
「スケールは、640画面+α」

チラシサイズ
B5版ヨコ
コピーライト表記スクウェア(C)ゲームアーツ

・オリジナルはゲームアーツ社のPC-8801mkⅡSR(パソコン)版テグザー。こちらはその移植版。

・現在のスクウェア・エニックスの前身、エニックスとの合併前のスクウェアの記念すべきファミコン参入第1弾タイトルです。

・「ゲームの移植」に関しては、以前にも書かせて頂いたのですが、ハードの厳しい制約の中「何が出来れば」「どう表現すれば」ユーザー的にもOKなのか、そのラインのせめぎ合いの歴史でもありました。その点において、ファミコン版テグザーは物議を醸した作品であるといえます。

・(パソコン版)テグザーをテグザーたらしめている要素とは、FM音源によるサウンドとか、キャラクターの滑らかなアニメーション(いずれも当時の基準)とか色々ありますが、何と言っても「レーザー」です。ゲームの基本部分であるプレイヤー(自機)の攻撃方法であり、敵を自動でロックオンして一直線に放たれるレーザーが、ワラワラと群がる敵を無数の光の帯でガシガシと凪ぎ倒していく。それがこのゲームの本質部分、醍醐味でもあると言えます。

・【レーザーについての補足説明】
敵にはそれぞれ耐久力(硬さ)が設定されていますが、例えばA,B,Cと敵が3機出現した場合、自機はまずAをロックオンして破壊するまでAのみ集中攻撃をするのか、と言えばそうではなくて、Aに一撃、Bに一撃、Cに一撃、またAに一撃…、と破壊するまで波状攻撃を繰り返します。このような攻撃パターンがレーザーの乱れ撃ちを演出し、攻撃方法がレーザーである事の意味を確認出来る訳です。

・しかし、ファミコン版テグザーは、その攻撃方法がレーザーではなく、弾になっていました。やはりそれはテグザーたり得ないものでした。

・どこのメーカーに対しても好き・嫌いというユーザーの気持ちはそれぞれあるのでしょうが、例えば年季の入ったスクウェアのアンチの方にそのきっかけを尋ねたならば、心の深淵に横たわるこのゲームの名を思い起こす人も、まだいるのではないでしょうか。

ブログパーツ
スポンサーサイト

Appendix

広告

プロフィール

kuroneko_64san

Author:kuroneko_64san
FC2ブログへようこそ!

メール

こちらへお願い致します。

収録作品

チラシ :254枚(表裏両面で1枚)
その他:  2アイテム
(H28.3.30現在)

ランキング(月間)

検索フォーム

QRコード

QR

広告

広告

広告

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。