Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ファミリーコンピュータロボット ブロックセット

ファミリーコンピュータロボットブロックセットオモテ ファミリーコンピュータロボットブロックセットウラ
表面 裏面
商品名 ファミリーコンピュータロボット
ブロックセット
メーカー 任天堂株式会社(Nintendo)
ブランド
メッセージ

対応ハード ロボット本体 ファミリーコンピュータ専用周辺機器
ブロックセット ファミリーコンピュータ:ROMカセットほか付属品
発売日 1985年7月26日(金曜日)
価格 ロボット本体 9,800円
ブロックセット 4,800円
キャッチコピー 「ロボットをあなたの思考力で
 操作してください。」
(※正式かは不明。チラシ内のそれらしき表記を抜粋)
シリーズ ファミリーコンピュータ ロボット」シリーズ
・第1弾 「ブロックセット」
・第2弾 「ジャイロセット
その他情報 ロボット単体(HVC-012)
 ・寸法 180㎜×236㎜×228㎜
 ・重量 750g(電池含む)
ブロックセット(HVC-BLS)
 ・セット内容
   ブロック(5色)―― 5コ
   ブロックトレイ ―― 5コ
   ブロックハンド―― 2コ
   ブロックカセット ― 1コ
・ロボット本体には単3電池4本(別売)が必要です。
・電池寿命は連続約12時間です。
【チラシ裏面】
・ブロックセットの遊び方
チラシサイズ A4版タテ
コピーライト表記 ©Nintendo 1985

・関連
ファミリーコンピュータロボット ジャイロセット」のチラシはこちら

【チラシ内情報】※当時の記録を留めるという主旨で書き起こしております。
-----(ここよりチラシ内より抜粋・引用)-----

【チラシ表面】

●ロボットの目が、画面からの光信号をセンサでキャッチします。
●テレビ画面とロボットを、同時に操作して楽しむ新しいゲームシステムです。

【チラシ裏面】

●テスト―――-ロボットの”目”の方向を調整します。
●ダイレクト――直接画面内のキーを押してロボットを操作するブロック積換えゲーム。
●メモリ―――-ロボットの操作順序を前もってプログラムするブロック積換えゲーム。
●1人用ビンゴ―1人用ビンゴ式(たて又はよこ1列同色にする)ブロック積換えゲーム。
●2人用ビンゴ―2人同時にプレイできるブロック獲得ゲーム。

-----(チラシ内より抜粋・引用ここまで)-----

「まだゲーム作ってるんちゃうか?」

 とは、任天堂の山内溥社長(当時)が宮本茂氏に言った言葉だそうです。
ゲーム誌の対談
ゲームの話をしよう<第2集>:エンターブレイン社/永田 泰大・著)
で宮本氏が語っていたものですが、「こないだ社長が言ってた~」と前置きしている事
から、山内氏の発言はその当時、2000年頃という事になるでしょう。
・その当時と言えば任天堂は市場的に低迷していた時期に当たります。
任天堂の真骨頂であるゲームゲームしたもの、相変わらず完成度は高い。高いけど、
しかし… という市場の評価との葛藤に苦しんでいた時期のように思えます。
・もちろん、山内氏は「ゲーム製作は諦める」などという否定的な意味で言ったのでは
ないでしょう。むしろニンテンドウDSやWii誕生の布石が打たれた決定的瞬間、のような
気さえします。

・こうしてゲームとも玩具ともつかないファミコン初期の「ロボット」などを眺めていると、
ふとWiiやDS、任天堂は競技場のトラックを一周して元の場所に戻ってきたのか、とも
錯覚しがちですが、ならば任天堂は今、周回遅れにしようとしている「ロボット」の
背中を見て走っているのか、という事にはならないと思われます。
・今現在、「ロボット」やその他ファミコン時代の玩具的な発想の物が再評価されるか、
またDSやWiiでその形を変えて評価されているのか、と言えばそれとは多少違うように
思えます。走り続ける事で得た知識や経験の蓄積を生かして、似て非なる新たな
スタートラインにたどり着いた、という感じなのではないでしょうか。

ブログパーツ
スポンサーサイト

Appendix

広告

プロフィール

kuroneko_64san

Author:kuroneko_64san
FC2ブログへようこそ!

メール

こちらへお願い致します。

収録作品

チラシ :254枚(表裏両面で1枚)
その他:  2アイテム
(H28.3.30現在)

ランキング(月間)

検索フォーム

QRコード

QR

広告

広告

広告

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。